櫛谷内科クリニック

Facility 

kushiya

受付と待合

明るい受付と隣接する待合室です。

m8 m1

 <中待合室>
中待合室 n2 n3

中待合室


外来の待合室から診察室に入る間にもう一つ待合室が設けてあります。この中待合と診察室の区切を、外来患者様のプライバシー確保のため、診察室の入口はドアで仕切られて、診察室の会話が外に漏れないようにしています。

 s5 s5


kushiya

診察室

診察ベッド横に、超音波検査装置を置き、スピーディな画像診断を行なって
 います。

 <第一診察室>
2 s1

 <第二診察室>
2-2 2-1

kushiya

内視鏡室

当クリニックの専門でもある内視鏡検査です。
 当クリニックでは、胃の内側から直接みるための内視鏡(胃カメラ内視鏡)を
 用意しております。
 直接、消化管の表面を鮮明、高画質画像でとらえることによって、微細な色調の
 変化や凹凸が観察でき、早期ガンの発見や微細な病変の発見に極めて有効です。
 経鼻内視鏡について詳しくは「ここをクリックしてください」

7 6

kushiya

レントゲン撮影室

レントゲンでは肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫など
 肺の病気の他、心臓肥大、大動脈瘤、甲状腺の異常、骨折、消化管のガスの
 異常なども見つかります。
 患者さんの異常をいち早く見付ける欠かせない設備です。
 患者さんの状態を的確に診断する設備機器。当クリニックでは、最新の機器を
 揃え、患者さんの健康をバックアップしています。

r4-1 r1 r2

kushiya

心電図室

受診時または検査時の注意点
 不整脈自体は現象です。むしろ、その原因が危険なものかどうかの見極めが
 重要です。過去に気を失ったことや動悸、目まい、息切れなどがなかったか
 普段の自覚症状を正確にお伝えください。

心電図-1 心電図-2 心電図-3

kushiya

処置室

ベッド6台を用意して点滴などの処置を行い、特にプライバシーの配慮には
 心がけています。

b5 b-1 b4-1


kushiya

採血室

採血を受けられる方へのお願い。該当する方はお申し出ください。
 ◆ 止血時のテープにかぶれやすい方など。
 ◆ 採血時にご気分が悪くなられる方など。
 消毒はヘキシジン( 優れた消毒効果があります )を使用しています。
 採血終了後、5分間は採血部位を揉まないように圧迫をしてしっかりと止血を
 お願いします。

s1 s1-1

 採血により体の中を流れている血液(静脈血)を検査のために採取いたします。
 この検査は、「患者さまの病気の診断」「病態把握」のために必須な医療行為です。
 採血時の疑問など、ご不明な点は遠慮なくスタッフにお尋ねください。








< 演奏は下のボタンで操作する事が出来ます >



powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional